目次
1・「視力アップトレーニング」はイイかもっす

2・無料冊子配布のお知らせ

3・マニュアル実行中

4・視力アップトレーニング系のマニュアルや機器について

5・メガネ・手術・トレーニング

6・乱視と遠視

7・視力アップトレーニングに関する無料冊子のご案内

8・用語集1

9・用語集2

10・対応地域



視力回復|内臓脂肪付きすぎたことによる肥満とされて…。

のどの渇きや頻尿、激しい空腹などが主な症状の1型糖尿病という
のは、膵臓(すいぞう)に在るいわゆる血糖値を左右するβ細胞が
T細胞などに壊されてしまったため、膵臓からは必要量のインスリ
ンが、分泌されなくなり発症してしまう種類の糖尿病なのです。
緊張性頭痛というものは肩こりや首のこりによる慢性頭痛で、「頭
をギューっと圧迫されるといった鈍痛」「ズドーンと重苦しいよう
な頭痛」が主訴となります。
冠動脈の異常による狭心症の外科的な施術に関しては、大方の病院
で「大動脈バルーンパンピング法」に加えて「冠動脈バイパス術(
CABG)」という二つの異なる治療方法が高い頻度で導入されて
います。
内臓に脂肪が多いことによる肥満が診られ、「脂質」「血圧」、「
血糖」の中から、2〜3個に○が付く場合を、メタボリックシンド
ロームというのです。
必要な栄養素を網羅した食事や体を動かすことは言わずもがな、体
の健康やアンチエイジングのために、特に摂りたい栄養を補うため
に様々な成分のサプリメントを服用する事が当たり前になってきて
いると言われています。

「肝機能の衰退」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトラン
スフェラーゼ、加えてγ-GTP(ガンマGTP)などの値を参照
すれば分かりますが、ここへ来て肝臓の機能が落ちている人々が確
実に目立つようになってきたとされています。
内臓脂肪付きすぎたことによる肥満とされて、「脂質過多」、「高
血圧」、「血糖」の中に、2項目以上に該当してしまう場合を、メ
タボリックシンドローム(メタボリック症候群)と称されるのです

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚がしびれた
り、動悸・睡眠障害・食欲不振・便秘などがよく見られ、慢性化す
ると、悲しいかな心臓の働きが不十分になる心不全も発症すること
がわかっています。
脂溶性であるV.D.は、小腸や腎臓でCaが吸収されるのを手伝
うという特徴で注目を集めており、血液中のカルシウム濃度を操っ
て、筋肉の動き方を整えたり、丈夫な骨を作ります。
ひとたび永久歯の周りの骨を溶かしてしまう程に、酷くなってしま
った歯周病は、残念ながら炎症が小康状態になっても、骨が元の質
量に快復するようなことはないと言われているのが現状です。

常時横向きの状態でテレビ画面を眺めていたり、無意識のうちに頬
杖をついたり、かかとの高い靴を毎日履くということは、身体のバ
ランスがおかしくなる深刻な要素になります。
薄暗い所だと光量が不足して物を見るのが難しくなりますが、その
結果瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせることにいつも
以上にパワーが利用されるので、勿論日の差す場所で物を眺めるよ
りも疲労しやすくなるのです。
所詮は軽い捻挫だろうと決めつけてしまい、応急処置としてテーピ
ングで動かないように固定し、経過を見るよりも、応急処置が終わ
ったら一刻も早く整形外科医に診てもらうことが、結局のところ完
治への早道となるのです。
「常に忙しない」「面倒くさい人間関係のしがらみが嫌でしょうが
ない」「テクノロジーやインフォメーションの急速な進歩に追いつ
けない」等、ストレスを感じてしまう誘因は十人十色です。
鍼灸の鍼を気になる所に刺してもらう、というフィジカルな刺激は
、神経細胞を覚醒し、神経インパルスという名称の、いわば電気信
号伝達を発生させると考えられているのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435304927

この記事へのトラックバック
ご質問コーナー.jpg
無料冊子を配布中.jpg

◇ヘルスケア◇
●インフルエンザ対策
●マスクの在庫あり
●空気感染に御注意!
●郵送検査キットって?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。